\ツライ膝の痛みには。。。プロテオグリカン配合「北国の恵み」をまずはお試し!/

↓  ↓  ↓  ↓

北国の恵み

北国の恵み

非変性Ⅱ型コラーゲンと非変性プロテオグリカンの効果が気になる!

更新日:

北国の恵みの成分含有量が気になる!

膝の痛みなど関節の悩みのためのサプリメントで注目されているのがプロテオグリカンです。

プロテオグリカンは保水力が強力なため、肌の乾燥を防ぐために美容液や化粧品に使われていますが、その保水力の高さから関節液の中で水分を保ち、軟骨内の摩擦や衝撃を軽くしてくれる役割があります。

プロテオグリカンの1日の摂取量は5~20mgが目安と言われ、食品で摂取するには魚、鶏、牛の軟骨やエビ、うなぎ、山芋、フカヒレなどに含まれているのでそれらを食べることになります。

このような食品を毎日食べたとしてもプロテオグリカンの摂取目安量には届きませんし、熱したプロテオグリカンでは機能が失われているため、関節の悩みにはうまく作用してくれません。

でもサプリメントであれば、簡単に毎日とることができます。
プロテオグリカンはグルコサミンのようにアミノ酸に分解されてからグルコサミンを作り直すといった過程がありません。

北国の恵みのプロテオグリカンは軟骨成分になりやすい非変性プロテオグリカンを使っていますので、グルコサミンより実感しやすいといえるでしょう。

北国の恵みを1日3粒飲むとプロテオグリカンを5mgとれるようになっています。

軟骨成分、非変性Ⅱ型コラーゲンの効果とは?

コラーゲンというともちもちの肌をキープしてくれる化粧品や
コラーゲンドリンクなどをイメージしますが、肌の弾力を保ってくれるだけでなく、関節の中の軟骨や血管などにもあり、体全体の中でも重要な成分となっています。

コラーゲンの種類は20種類以上あり、Ⅰ型、Ⅱ型などの型に分けられています。
軟骨に多くあるのがⅡ型コラーゲンであり、Ⅱ型コラーゲンを増やすことで関節の痛みを和らげることができると期待されている成分です。

Ⅱ型コラーゲンは加熱すると性質が変化してしまうため、壊れたⅡ型コラーゲンを摂取しても体の中でⅡ型コラーゲンと感知されず、軟骨成分となってくれません。これを変性コラーゲンとよびます。

これまでにいろいろな実験や研究の中で成分を壊すことなくⅡ型コラーゲンを抽出することができたのが非変性Ⅱ型コラーゲンです。

非変性Ⅱ型コラーゲンを体の中に取り入れることによって、
私たちの体の中の軟骨成分に近い形をキープしたまま吸収され、軟骨に利用できるため、非変性Ⅱ型コラーゲンを増やすと
痛みの緩和が期待できるのです。

非変性プロテオグリカンの関節にいいの?

関節炎など特に膝に負担がかかるため、膝の痛みにアプローチするサプリメントとして、グルコサミンとコンドロイチンのものが多くありましたが、今では、グルコサミンとコンドロイチンを飲んで体内でプロテオグリカンを生成するより、軟骨成分そのものを飲むことで痛みを軽減する効果が期待できるプロテオグリカンのサプリが出てきました。

プロテオグリカンといっても50、60℃以上の熱で成分が分解され、熱で変性したプロテオグリカンのタンパク質は軟骨成分となることができません。

変性しない非変性プロテオグリカンをとることが関節軟骨になるためには必要なんですね。

だから関節のためにサプリを選ぶなら非変性プロテオグリカンや非変性Ⅱ型コラーゲンとちゃんと明記されたものを探すことが大事です。

また関節軟骨の成分はⅡ型コラーゲンが75%を占め、プロテオグリカン、ヒアルロン酸と続きますので、この3成分を同時に摂取することで軟骨の健康を維持するには最適となります。

北国の恵みはこの3つの成分を含み1日3粒飲むだけでいいので関節のサプリとしてはちょうどよいサプリとなっています。

ヒアルロン酸の膝注射ってどうなの?

関節の内部は関節液で満たされており、ヒアルロン酸が主な成分です。
ヒアルロン酸の量が減ると濃度が薄くなり関節液の粘りや弾力がなくなってきます。すると関節の動きがなめらかに動かなくなってくるのです。

年をとるとヒアルロン酸が減ってくるため、中高年の方の多くがこの症状に悩まされるわけです。

また関節軟骨がすり減って、ヒアルロン酸も減ってくると骨がこすり合い、炎症が起きて膝が痛くなるのです。

よって膝から直接ヒアルロン酸を注入することで関節液の濃度を保ち、弾力性がでてきて、関節の動きがスムーズになって、軟骨と骨の摩擦を抑えることができます。

ヒアルロン酸注射は1回だけ注射すればよいというものではなく、1週間おきに3回~5回の間隔で膝に注射します。

現在では1週間おきに3回の注射が出ており、わりと長い期間効果が持続するような種類の注射が日本でも使えるようになっています。

クリニックなどの自由診療での注射だと1回で5000円くらいですが、保険が適用される病院の場合は2000円前後で注射できます。

けっきょくのところ1週間おきに出向いて、注射を受けて帰らなければならないのと、根本的な膝の改善にはならないので、痛みが再発するという声も見受けられます。

膝の内面からも改善していくには、薬ではなくサプリを使って
膝軟骨成分を増やすのも一つの手です。

プロテオグリカンとグルコサミンの違い、知ってます?

肘や膝、足首などいろいろな関節の悩みにいいと有名になってきたプロテオグリカンはそもそもなんなのか?というと、人の肌や皮膚、靭帯、眼球、角膜、軟骨にある成分です。

これまで関節軟骨に効果的な成分といえばグルコサミンやコンドロイチンをイメージする方が多いと思いますが、グルコサミンからプロテオグリカンが作られ、プロテオグリカンの中にコンドロイチンが含まれています。

グルコサミンを摂取すればプロテオグリカンが作られ、プロテオグリカンの中にあるコンドロイチンが軟骨に栄養や水分を供給するのでグルコサミンとコンドロイチンを一緒にとってもグルコサミンからプロテオグリカンが作られなければ、コンドロイチンも活躍できないことになります。

なのでグルコサミンとコンドロイチンをとるよりも、プロテオグリカンをとって早く軟骨成分を作り出すほうが効率的というわけです。

\プロテオグリカン配合「北国の恵み」の詳細はコチラ/

↓  ↓  ↓  ↓

北国の恵み

-北国の恵み

Copyright© 北国の恵みは膝の悩みをサポートするサプリ!口コミや効果 , 2017 AllRights Reserved.